学力に加えて人間力を育む塾

学力に加えて、社会性や協調性、道徳心や気遣いや心遣い、助け合い支え合う気持ち、これらをすべてひっくるめて、私は『人間力』と呼んでいます。
そして、この『人間力』を教え育むのが、本物の教育だと確信しています。
『人間力』を礎とし、子ども自身が自分の将来に希望をもち、夢を思い描く。さらにはその夢を叶えるために懸命の努力を惜しまない。そんな、力強い子どもになって欲しい、これが私たちRIGの講師の共通の願いです。
私は色んな子どもたちと接してきました。勉強が生き甲斐の子、無理矢理塾に通わされている子、将来の夢に向かって頑張っている子、将来の夢を模索している子、ほんとうに様々な個性を持った子どもたちに出会いました。勉強が好きな子も、嫌いな子も、定期テストの点数や模擬テストの偏差値が上がれば嬉しい、という点は共通しているようです。それは恐らく自分が評価されていることへの純粋な喜びなのでしょう。何年教えていても、子どもたちが必死になって勉強している姿には心を動かされます。子どもたちの険しい表情が柔らかくなり、「わかった!」と言う瞬間は、何度経験しても嬉しいものです。
私は一人でも多くの子どもたちに「夢」を実現して欲しいと願っています。
一人ひとりの生徒との出会いが、その子の「夢」を実現するための長い長い道程の、初めの第一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

塾長 小川直人